お子様の歯を健やかに

お子様の乳歯、「いずれ生え替わるから虫歯になっても大丈夫」と思われていませんか?その認識は誤りだといえます。なぜなら乳歯の虫歯は、生え替わった後の永久歯まで虫歯になりやすくし、さらには歯並びを乱してしまうこともあるからです。

お子様の歯を健やかに

つまり、お子様の一生の健康の基礎づくりは乳歯の時期にかかっているといえます。名古屋市守山区の歯医者「山田歯科医院」の小児歯科では、お子様の歯を虫歯から守るために、早期治療はもちろん予防にも力を入れています。お子様の歯に気になることがある場合には、お早めに当院までご相談ください。

お子様を歯医者嫌いにさせないポイント

子どもは、一度歯医者を嫌いになってしまうと通院が難しくなってしまいます。お子様を歯医者嫌いにさせず、大人になっても楽しく通院してもらうために、ご家族の方には次のことにご協力いただければと思います。

マイナスイメージを
持たせないで
恐怖心を
与えないで
治療後には
たくさんほめてあげて
「悪いことをしたら歯医者に連れて行くよ!」と脅し文句に使ったり、ご家族の方の歯医者での嫌だった経験談を話したりして、マイナスイメージを持たせないよう注意してください。 歯医者に行く前に「注射するかもしれない」「注射はこういうもの」など、恐怖心を与えるような話はしないようにしてください。歯医者に行くのを嫌がってしまう可能性があります。 治療が終わったら、少し大げさなくらいにたくさんほめてあげてください。お子様に、「次もがんばろう」という気持ちが生まれます。

山田歯科医院の小児歯科の取り組み

キッズルームを完備しています

キッズルームを完備しています

当院では、お子様に歯医者での時間を楽しく過ごしてもらえるよう、キッズルームを完備しています。絵本やおもちゃなどをそろえていますので、お待ちいただく間、自由に遊んでいただくことができます

はじめはお母様やご兄弟の治療に着いて来られたお子様にも、自然に医院の雰囲気に慣れていただけますので、いざ治療が必要となったときにも自然に移行することが可能です。ほかのお子様と譲り合いながら、ご利用いただければと思います。

妊娠中の治療もご相談ください

妊娠中の治療もご相談ください

当院ではお子様だけでなく、妊婦様の治療にも対応しています。女性は妊娠すると、つわりがはじまったりホルモンバランスが変化したりすることで、お口の環境は悪化しがちになり、虫歯や歯周病になりやすくなります。とくに歯周病は、早産・低体重児出産の確率を高めてしまうといわれていますので、注意が必要です。

妊娠中には歯科治療は無理だと思われている方も少なくありませんが、安定期に入れば治療が可能です。虫歯・歯周病は自覚症状がないまま進行する病気ですので、とくに気づくことがなくても、一度検診を受けにお越しください。

お子様の歯を守るための小児歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯予防には、毎日の正しいブラッシングがとても重要になります。当院ではまず、みがき残した部分を薬液で染め出し、みがき残しやすい部分をチェック。その結果を元に、一人ひとりに合った正しいみがき方を指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのコツをお教えします。

シーラント

シーラント

奥歯には複雑で深い溝があり、食べカスが溜まりやすいために虫歯になりやすいという特徴があります。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)でその溝を埋め、虫歯を予防する処置「シーラント」を行います。おもに生え替わったばかりの永久歯に行いますが、乳歯にも適用できます。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化する効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布して虫歯になりにくい歯にします。当院では3ヶ月~半年に1回の割合で行うことをおすすめしています。

当院ではフッ素塗布を無料にて行っていますので、お気軽にご相談ください。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

通常より多く生えている歯「過剰歯」。歯並びを乱す原因になるため、多くの場合抜歯が必要になります。当院では過剰歯の経過観察や抜歯に対応していますので、お子様に気になる歯があれば、お早めにご相談ください。